横浜入国管理局

横浜入国管理局
横浜入国管理局

ビザ申請のプロ、アルファサポート行政書士事務所が、横浜入管を徹底解説します!

横浜入管へのビザ申請代行なら、アルファサポート

横浜入国管理局

配偶者ビザのノウハウ!

結婚ビザ

横浜入国管理局に配偶者ビザの申請をお考えの方は、配偶者ビザの専門サイトで情報収集!>>配偶者ビザ

就労ビザのノウハウ!

就労ビザ

横浜入国管理局に就労ビザの申請をお考えの方は、就労ビザの専門サイトで情報収集!>>就労ビザ


横浜入国管理局に申請するメリット

① 品川入管では受理できないと言われた申請が、

  横浜入管で受理される事がある

  入国管理法施行規則の解釈をめぐって、必ずしも品川入管と横浜

  入管の責任者との見解が同じではない場合があります。

  品川入管では、入管法施行規則の条文第X条を根拠に、ある申請

  の受理はできないとされているが、横浜入管では、別の条文であ

  る第XX条を根拠に受理されるという事例が実際にあります。

 

  この他にも、大量の申請者をさばかなければならない品川入管と

  違って、柔軟な対応をしていただけることがあります。

 

② 混雑していない

  品川入管では2時間待ち、3時間待ちの時期、時間帯でも、

  横浜入国管理局なら待ち時間がゼロということもあったり

  します。

 

横浜入国管理局へ申請するデメリット

① バスの本数が少ない

  横浜入国管理局へは、JR新杉田駅からバスで行きますが、

  時間帯によっては一時間に3本しかありません。

  品川入管のように、品川駅前からどの時間帯でもひっきり

  なしにバスが出ているというような環境ではなく、忙しい

  方には不向きかも知れません。

 

② 申請によっては品川入管の方がよいものも

  在留資格の種類によっては、品川入管の方が扱う事例が

  多いためなのか、横浜入管よりもむしろ柔軟に対応して

  頂ける申請もあります。

 

  かつては、入管に提出する、例えば質問書などの書面の

  内容が、入管ごとに異なっていることがざらにありまし

  たが、現在では、書面は全国で統一されています。

  しかしながらやはり、入管ごとに対応について温度差が

  ある分野もあります。

 

横浜入国管理局への申請 【代行】

お客様の在留資格がぞくぞくと許可されています!

横浜入国管理局

配偶者ビザのノウハウ!

結婚ビザ

横浜入国管理局に配偶者ビザの申請をお考えの方は、配偶者ビザの専門サイトで情報収集!>>配偶者ビザ

就労ビザのノウハウ!

就労ビザ

横浜入国管理局に就労ビザの申請をお考えの方は、就労ビザの専門サイトで情報収集!>>就労ビザ


横浜入国管理局 【管轄】

横浜入国管理局の管轄は、神奈川県とされています。

 

横浜入国管理局 【住所】

横浜入国管理局の住所は次のとおりです。

横浜入国管理局 【時間】

横浜入国管理局の営業時間は次のとおりです。

9時~16時

※入国管理局横浜支局川崎出張所は、昼休みがありますが、

横浜入国管理局は、昼休みがありません。

 

 

横浜入国管理局 【申請代行料金】

在留資格認定証明書交付申請 8万円+消費税

在留資格変更許可申請 8万円+消費税

横浜入国管理局 【代行】

自信がない、時間がない、そんな貴方に

ビザ専門のアルファサポート行政書士事務所

横浜入国管理局
横浜入国管理局

配偶者ビザのノウハウ!

結婚ビザ

横浜入国管理局に配偶者ビザの申請をお考えの方は、配偶者ビザの専門サイトで情報収集!>>配偶者ビザ

就労ビザのノウハウ!

就労ビザ

横浜入国管理局に就労ビザの申請をお考えの方は、就労ビザの専門サイトで情報収集!>>就労ビザ


横浜入国管理局へのビザ申請が

ご不安な方は・・・

【運営サイト】

東京のアルファサポート行政書士事務所が運営する信頼のナビサイト群


 ・在留資格「日本人の配偶者等」の認定、変更、更新 >>>「配偶者ビザ」

 ・在留資格「興行」の認定、変更、更新 >>>「興行ビザ」

 ・帰化申請をお考えの方        >>>「帰化申請」

 ・仮放免をお考えの方         >>>「仮放免」